赤ちゃんの病気(赤ちゃん病気)、子供の病気(子供病気)。その症状、慌てないで、見逃さないで。
「赤ちゃん子供」のここカラダ〜子育てに一生懸命なお母さん、お父さんがまずは知っておきたい赤ちゃん子供のこと。この症状、大丈夫?
[赤ちゃん子供]のここカラダ TOP > 赤ちゃん子供コラム

赤ちゃん子供のコラム

赤ちゃん子供:赤ちゃん子供の病気の基礎知識のイメージ 大人とは違う!
赤ちゃん子供の病気のチェックポイントと対応の基本をおさえましょう

赤ちゃん子供の病気の基礎知識

赤ちゃん子供:気になる症状 基礎知識〜赤ちゃん(乳幼児)の発熱のイメージ まず平熱を知ること、そして発熱の経過に注目することが大切です

気になる症状 基礎知識〜
赤ちゃん(乳幼児)の発熱

赤ちゃん子供:気になる症状 基礎知識〜熱性けいれんのイメージ 10人に1人は経験する症状。あまり不安にならないで

気になる症状 基礎知識〜
熱性けいれん

赤ちゃん子供:気になる症状 基礎知識〜嘔吐・下痢のイメージ 体の機能が未熟な赤ちゃん(乳幼児期)は嘔吐・下痢が頻繁に起こります

気になる症状 基礎知識〜
嘔吐・下痢

赤ちゃん子供:発達の目安と個人差の範囲〜3歳までに気づきたい病気のイメージ お友達との比較より家庭での観察が大切です

発達の目安と個人差の範囲〜
3歳までに気づきたい病気

赤ちゃん子供:発達の目安と個人差の範囲〜体の発達、運動能力のイメージ 赤ちゃん子供のペースを大切に焦らず、手を出しすぎずに見守りましょう

発達の目安と個人差の範囲〜
体の発達、運動能力

赤ちゃん子供:健康管理について〜感染症のイメージ 感染を繰り返しながら免疫を獲得し強い体をつくっていきます

健康管理について〜
感染症

赤ちゃん子供:健康管理について〜予防接種のイメージ 予防接種の目的は「かからない」ことと「うつさない」こと

健康管理について〜
予防接種

赤ちゃん子供:健康管理について〜赤ちゃん子供の薬のイメージ 薬に対する不安や疑問は処方した医師にきちんと確認を

健康管理について〜
赤ちゃん子供の薬

赤ちゃん子供:健康管理について〜赤ちゃん子供の健康記録のイメージ 赤ちゃん子供の体調の変化にいち早く気づくために健康記録をつけましょう

健康管理について〜
赤ちゃん子供の健康記録

赤ちゃん子供:それって本当に救急ですか?その1〜小児医療の現状は…のイメージ 「救急センター」と「夜間診療」の違いを知ることで、小児救急の現状を変えられます

それって本当に救急ですか?
その1〜小児医療の現状は…

赤ちゃん子供:それって本当に救急ですか?その2〜全国の小児科Dr.に聞きましたのイメージ 非常識の一言ではかたづけられない根深い問題も

それって本当に救急ですか?
その2〜全国の小児科Dr.に聞きました

赤ちゃん子供:赤ちゃん子供の病院との付き合い方のイメージ 症状の経過、相談したいことは受診前にメモして整理する

赤ちゃん子供の病院との付き合い方

赤ちゃん子供:赤ちゃんの薬、どうやって飲ませればいい?のイメージ 薬のタイプ別に気をつけたい飲ませ方

赤ちゃんの薬
どうやって飲ませればいい?

子供が薬を飲みたくなる工夫のイメージ 食品に混ぜて飲ませるときは 苦味を感じさせない工夫を

子供が薬を飲みたくなる工夫

感染率100%とも言われるウイルスのイメージ 「かぜ様の症状」にかかったら、原因は… RSウイルスをご存じですか?

感染率100%とも言われるウイルス

◆お話を伺ったのは…  藤田 秀樹(ふじた・ひでき)さん
藤田秀樹(ふじた・ひでき)さん 平塚市民病院小児科医長
1999年に慶應義塾大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院、川崎市立川崎病院を経て、2007年より現職。同年、日本先天異常学会にて奨励賞受賞。医学博士、日本小児科学会専門医、医科学総合研究所理事。
◆お話を伺ったのは…  大河原 一郎(おおかわら・いちろう)さん
大河原一郎(おおがわら・いちろう)さん 静岡赤十字病院小児科医師
慶應義塾大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院、国立霞ヶ浦病院、伊勢原協同病院、 国立東京医療センター、静岡市立清水病院等を経て、2002年より現職。日本小児科学 会専門医、日本アレルギー学会、日本夜尿症学会に所属。
◆お話を伺ったのは…  中村 友彦(なかむら・ともひこ)さん
中村友彦(なかむら・ともひこ)さん 1984年信州大学医学部卒。長野赤十字病院小児科などを経て、2004年より長野県立こども病院総合周産期母子医療センター長。
「赤ちゃん子供のここカラダ」トップへもどる
[赤ちゃん子供]のここカラダ TOP  > 赤ちゃん子供コラム
ページの先頭へ
赤ちゃん子供(赤ちゃん,赤ちゃん病気,子供,子供病気)に役立つコラム:一覧