赤ちゃんの病気(赤ちゃん病気)、子供の病気(子供病気)。その症状、慌てないで、見逃さないで。
「赤ちゃん子供」のここカラダ〜子育てに一生懸命なお母さん、お父さんがまずは知っておきたい赤ちゃん子供のこと。この症状、大丈夫?
[赤ちゃん子供]のここカラダ TOP > 赤ちゃん子供Q&A > 発育の特徴がわからなくて不安です

赤ちゃん子供Q&A

赤ちゃん子供の発育の仕方

質問 赤ちゃんの発育の仕方やスピードは、もちろんその子供によってさまざまだと思いますが、全体的な発育の特徴といったようなものはありますか。なんの目安もないと不安です。(20日・男児)

お答えします

基準との比較は不安にならない程度に

赤ちゃんの発育の仕方は一人ひとり違うので、ほかの赤ちゃんや一般的な基準と比較するとかえって不安の種になることは事実です。不要な心配の原因になるくらいなら、照らしあわせるのをやめたほうがよい場合もありますが、これから発育がどうなっていくのか、先が見えるというのは心強いものです。
生まれて1年で体重は3倍、身長は1.5倍になるというおよその見通しのほかに、発育の特徴としては、3〜4ヵ月ごろ体重の増えがにぶってくるというのがあります。1〜2ヵ月ごろの、日に日に体重が増える感じに慣れてしまうと、このふつうの経過がふと心配になります。ミルクの飲みも、むらが出てきて、1〜2ヵ月のころとはかわります。
生まれて4〜5ヵ月の間は、体重増加の大小は、一人ひとりまちまちです。小さく生まれても真ん中のほうによっていったり、大きく生まれても体格が中くらいになったりします。4〜5ヵ月ごろからは母子健康手帳の曲線にほぼ並行して成長するようになります。母子健康手帳の発育曲線は目安としては参考になるわけです。しかし線を少し踏み越えたからといって、大きな不安を持つ必要はありません。経過を見ていけばよいのです。また生まれたとき大きかったのにその大きさのままで成長しない場合も、あまり心配しなくてよいのです。

【監修】 国立公衆衛生院 母子保健学部 乳幼児保健室長 加藤 則子
(出典:保健同人社「パパ・ママのための育児Q&A1500」)

この記事に関連する診療科目
病院を探すときは以下の科目を選択してください。
  小児科
この記事の関連コンテンツ
健康チェックテスト   子供の成長チェック   食物アレルギーチェック
 
「赤ちゃん子供Q&A」トップへもどる
[赤ちゃん子供]のここカラダ TOP > 赤ちゃん子供Q&A > 発育の特徴がわからなくて不安です
ページの先頭へ
赤ちゃんの発育の仕方やスピードは、もちろんその子供によってさまざまだと思いますが、全体的な発育の特徴といったようなものはありますか。なんの目安もないと不安です。(20日・男児)