赤ちゃんの病気(赤ちゃん病気)、子供の病気(子供病気)。その症状、慌てないで、見逃さないで。
「赤ちゃん子供」のここカラダ〜子育てに一生懸命なお母さん、お父さんがまずは知っておきたい赤ちゃん子供のこと。この症状、大丈夫?
[赤ちゃん子供]のここカラダ TOP > 赤ちゃん子供Q&A > ひざがカクンと抜けてしゃがんでしまう

赤ちゃん子供Q&A

赤ちゃん子供の発育の仕方

質問 9ヵ月で歩いたのですが、最近ひざがカクンとなってしゃがんでしまいます。少し歩き始めるのが早すぎて、骨の発育が追いついていっていないのではないかと心配です。大丈夫でしょうか。(11ヵ月・男児)

お答えします

他の機能も徐々に発達して、歩き方もかわってきます

9ヵ月で歩くのは早いほうです。平成2年に厚生省が行った全国調査でも、10ヵ月までに歩く子供は全体の7%と、とても少ない数字でした。 歩き始めが早い赤ちゃんはどんな赤ちゃんに多いかというと、早い時期から足がじょうぶでよくつっぱる赤ちゃんに多く見られます。また、重力に抗してつっぱれるだけでなく、足を交互に出せる器用さをともなっていると、歩き始めが早くなるようです。また、沖縄では歩き始めの早い赤ちゃんが多いようですが、気温や生活習慣も関係あるのでしょう。
歩き始めが早いからといって、次々にいろいろな発達項目をクリアするかというと、必ずしもそうではありません。というのは、たまたま立って歩くという動作ができるのが早かっただけで、それに関係するいろいろな機能が、追いついてこない場合もあります。よく見られるのが、9ヵ月ごろに歩き始めて、もう歩いて2ヵ月になる11ヵ月ごろでも歩き方が歩き始めのころとかわらずぎこちない、よたよたと曲がってしまうなどです。これは、歩くときの手足の動きの共調がともなわないからですが、しかしこの機能も徐々に発達してきて、たとえば1歳を過ぎるころには、歩き方がかわってくるものです。
歩き続ける持続力の発達が不十分ですと、ひざの力が続かず、カクンとしゃがむこともあります。骨の成長の心配はいりません。持久力がついてくれば歩き続けられるようになります。

【監修】 国立公衆衛生院 母子保健学部 乳幼児保健室長 加藤 則子
(出典:保健同人社「パパ・ママのための育児Q&A1500」)

この記事に関連する診療科目
病院を探すときは以下の科目を選択してください。
  小児科
この記事の関連コンテンツ
健康チェックテスト   子供の成長チェック   食物アレルギーチェック
 
「赤ちゃん子供Q&A」トップへもどる
[赤ちゃん子供]のここカラダ TOP > 赤ちゃん子供Q&A > ひざがカクンと抜けてしゃがんでしまう
ページの先頭へ
9ヵ月で歩いたのですが、最近ひざがカクンとなってしゃがんでしまいます。少し歩き始めるのが早すぎて、骨の発育が追いついていっていないのではないかと心配です。大丈夫でしょうか。(11ヵ月・男児)