赤ちゃんの病気(赤ちゃん病気)、子供の病気(子供病気)。その症状、慌てないで、見逃さないで。
「赤ちゃん子供」のここカラダ〜子育てに一生懸命なお母さん、お父さんがまずは知っておきたい赤ちゃん子供のこと。この症状、大丈夫?
[赤ちゃん子供]のここカラダ TOP > 赤ちゃん子供Q&A > 発達のおよその目安を教えてください

赤ちゃん子供Q&A

赤ちゃん子供の発育の仕方

質問 赤ちゃんの発達のおよその目安を教えてください。からだばかり大きくても、運動機能の発達がともなわなければだめだといわれました。 (3ヵ月・男児)

お答えします

発達の個人差や順序どおりに進まないこともあることを知りましょう

超音波検査で胎児の様子を見ると、生まれてきた赤ちゃんよりも活発に動いているようです。胎児は子宮の中では羊水の中にいるために重力の影響が小さいからです。生まれたあと、赤ちゃんは重力に抗して頭を垂直に保ち(首がすわる)、そして立位を保持して歩行ができるように進んでいきます。
「這えば立て、立てば歩めの親心」という句にも示されているように、運動機能の発達には一定の順序が認められます。おもな運動行動とその発達の目安(月齢)は、次のとおりです。首のすわり(3、4ヵ月)、寝返り(5〜7ヵ月)、おすわり(7、8ヵ月)、はいはい(9〜11ヵ月)、つかまって立ち上がる(9〜11ヵ月)、つたい歩き(10〜12ヵ月)、ひとり歩き(12〜15ヵ月)。しかし、よくいわれるように、これらができるようになる時期には子供によってかなり幅があります(発達の個人差)。また、順序どおりに進まないこともあります。子供の発達にはこのような特徴があることを知っておいてほしいと思います。

【監修】 青山学院大学文学部教授 日本子供家庭総合研究所福祉臨床担当部長 庄司 順一
(出典:保健同人社「パパ・ママのための育児Q&A1500」)

この記事に関連する診療科目
病院を探すときは以下の科目を選択してください。
  小児科
この記事の関連コンテンツ
健康チェックテスト   子供の成長チェック   食物アレルギーチェック
 
「赤ちゃん子供Q&A」トップへもどる
[赤ちゃん子供]のここカラダ TOP  >  赤ちゃん子供Q&A  > 発達のおよその目安を教えてください
ページの先頭へ
赤ちゃんの発達のおよその目安を教えてください。からだばかり大きくても、運動機能の発達がともなわなければだめだといわれました。 (3ヵ月・男児)