赤ちゃんの病気(赤ちゃん病気)、子供の病気(子供病気)。その症状、慌てないで、見逃さないで。
「赤ちゃん子供」のここカラダ〜子育てに一生懸命なお母さん、お父さんがまずは知っておきたい赤ちゃん子供のこと。この症状、大丈夫?
[赤ちゃん子供]のここカラダ TOP > 赤ちゃん子供Q&A > 赤ちゃんの物事の理解の仕方を教えてください

赤ちゃん子供Q&A

赤ちゃん子供の発育の仕方

質問 なにも知らない赤ちゃんが、しだいにいろいろなことがわかり、落ち着いた子になったり、粗暴な子になったり、やさしい子になったり、気の強い子になったりしていくことを考えると、そら恐ろしくさえなります。赤ちゃんの精神発達の過程について、わかりやすくご教示ください。 (1ヵ月・男児)

お答えします

さまざまな行動を繰り返しすのが赤ちゃんの理解の特徴です

赤ちゃん時代の物事の理解の仕方は、手に持ったものを振り動かしたり、ながめたり、感覚と運動をとおしてかかわることによります。自分の手をじっと見たり、「アーアー」と発声したり、手に持ったものを振り動かしたり、手に持ったものでテーブルをたたいたりなどさまざまな行動をしますが、繰り返すことが赤ちゃんの特徴です。何度も何度も繰り返すことで、事物の性質(振れば音がするなど)や、事物の関係(テーブルの上のものを取るにはテーブルクロスを引っ張ればよいなど)を知っていきます。そのような活動を繰り返すことで、1歳半から2歳ごろになると、イメージを頭に思い浮かべることができるようになり、たとえば、からのコップから飲むふりをしたり、積み木を自動車に見立てて「ブーブー」といって遊んだりするようになります。これは、コップの中にジュースを思い浮かべ、積み木に自動車のイメージを当てはめているわけです。
赤ちゃんの繰り返し行動をいっしょに楽しんでください。

【監修】 青山学院大学文学部教授 日本子供家庭総合研究所福祉臨床担当部長 庄司 順一
(出典:保健同人社「パパ・ママのための育児Q&A1500」)

この記事に関連する診療科目
病院を探すときは以下の科目を選択してください。
  小児科
この記事の関連コンテンツ
健康チェックテスト   子供の成長チェック   食物アレルギーチェック
 
「赤ちゃん子供Q&A」トップへもどる
[赤ちゃん子供]のここカラダ TOP  >  赤ちゃん子供Q&A  > 赤ちゃんの物事の理解の仕方を教えてください
ページの先頭へ
なにも知らない赤ちゃんが、しだいにいろいろなことがわかり、落ち着いた子になったり、粗暴な子になったり、やさしい子になったり、気の強い子になったりしていくことを考えると、そら恐ろしくさえなります。赤ちゃんの精神発達の過程について、わかりやすくご教示ください。 (1ヵ月・男児)