赤ちゃんの病気(赤ちゃん病気)、子供の病気(子供病気)。その症状、慌てないで、見逃さないで。
「赤ちゃん子供」のここカラダ〜子育てに一生懸命なお母さん、お父さんがまずは知っておきたい赤ちゃん子供のこと。この症状、大丈夫?
[赤ちゃん子供]のここカラダ TOP > 赤ちゃん子供Q&A > すわらせると、すぐ倒れてしまう

赤ちゃん子供Q&A

3ヵ月〜1歳

質問 おすわりさせてもすぐに前にかがんでしまったり、5秒もすると横に倒れてしまったりします。おすわりできるということは、いったい、どういう状態をいうのでしょうか。 (6ヵ月・男児)

お答えします

しっかりしたおすわりは7〜8ヵ月から。あせって練習せず、楽しく遊んであげましょう

おすわりは、5〜6ヵ月ぐらいからできるようになります。この場合のおすわりができるとは、大人が支えていなくても赤ちゃんが自分の腕を前につっぱって、からだが前に倒れない状態をいいます。しかしおわかりのように、この程度のおすわりでは、すぐに倒れてしまいます。お尋ねの赤ちゃんは、おそらくいまこの状態なのではないでしょうか。
もっとしっかりしたおすわりは、両手でおもちゃを持って遊んでいて、横を向いても倒れない、さらにじょうずになると、斜め後ろを向いても倒れないおすわりです。これができるようになるのは、7〜8ヵ月を過ぎてからです。いまあせって練習をさせようと思わなくてもよろしいでしょう。支えてもらってすわっていたり、寝返りをしたりしている動作が、おすわりがじょうずにできるようになるのに必要なからだの発達に役立っているはずです。2ヵ月もすると、おすわりもじょうずにできるようになっていることでしょう。赤ちゃんと楽しく遊んであげてください。

【監修】 専修大学文学部心理学科教授 吉田 弘道
(出典:保健同人社「パパ・ママのための育児Q&A1500」)

この記事に関連する診療科目
病院を探すときは以下の科目を選択してください。
  小児科
この記事の関連コンテンツ
健康チェックテスト   子供の成長チェック   食物アレルギーチェック
 
「赤ちゃん子供Q&A」トップへもどる
[赤ちゃん子供]のここカラダ TOP  >  赤ちゃん子供Q&A  > すわらせると、すぐ倒れてしまう
ページの先頭へ
おすわりさせてもすぐに前にかがんでしまったり、5秒もすると横に倒れてしまったりします。おすわりできるということは、いったい、どういう状態をいうのでしょうか。 (6ヵ月・男児)